※緊急事態宣言により、1月14日(木)に開催予定だった本イベントを延期し、3月15日(月)に開催することとなりました。会場開催で実施予定ですが、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、オンライン開催の可能性もございます。その際は、改めてご連絡させていただきます。


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行において、緩やかに変革していくと想像していました私達のビジネスワークは、働き方の見直し(リモートワーク導入など)とデジタル化の推進により大きく様変わりをしました。
 また、自動車業界においても未だ終息の見えない感染拡大にサプライチェーンの再構築も求められています。
このような目先の課題解決に注力しつつも、未来を支えるCASE 【コネクテッド、自動運転、カーシェアリングとサービス、電気自動車】 の技術革新をより一層強固に進める必要があると考えられます。
 技術革新の礎となる、未来をデザインするアイデア力、社会課題を読み取り、技術に繋げる力、自社の強みから新事業を起こす力、が注目されるべきではないかと考えました。

そこで、日本能率協会総合研究所と日本能率協会コンサルティングでは、
「『シーズ+α』で考える モビリティの未来」、と題しまして、
第1弾「未来デザインによるビジネスアイデア発想」
第2弾「社会価値からの技術テーマ提案」
第3弾「自社の強みを起点とした軌道修正重視の新事業検討」
の全3回のセミナーを開催致します。

第3弾「自社の強みを起点とした軌道修正重視の新事業検討」では、「エフェクチュエーションの考え方を用いて、既存の資源(手段)のたな卸しを起点とした新事業検討を進める」という点についてご案内致します。

*セミナー会場は、お客様同士の間隔に余裕を持ったお席をご用意しております。


※緊急事態宣言により、1月14日(木)に開催予定だった本イベントを延期し、3月15日(月)に開催することとなりました。会場開催で実施予定ですが、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、オンライン開催の可能性もございます。その際は、改めてご連絡させていただきます。

日時 開催日時:2021年3月15日(月)
申込期限:2021年3月8日(月)
申込締切後、抽選結果をメールにてご連絡いたします。
会場
愛知県 名古屋市中村区那古野1-47-1 名古屋国際センタービル20階
JR 名古屋駅:徒歩10分
地下鉄 桜通線 国際センター駅:徒歩1分
参加費 無料(参加証とお名刺をご持参ください)
定員 20名
(申込み多数の場合、抽選とさせていただきます)
申込受付中
対象
主催 株式会社日本能率協会総合研究所 マーケティング・データ・バンク
共催
協賛
内容 【プログラム予定】

「自社の強みを起点とした軌道修正重視の新事業検討」
・自社の強みとは
・エフェクチュエーションという思考プロセス
・新事業検討における資源の棚卸し
・新事業検討の進め方のポイント
・MOBILITY未来デザインLABのご紹介

〈講師〉
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
野田 真吾 氏(のだ しんご)


備考 弊社及び弊社パートナー様の競合事業会社様からのご参加は遠慮させて頂く事があります。

☆配信停止処理をされますと、参加証をお届けすることができませんのでご注意下さい。
備考

お問合わせ

株式会社日本能率協会総合研究所MDB大阪 大阪営業推進室
TEL: 06-6233-2306
e-mail: mdbosaka-info@jmar.co.jp